恋愛・夫婦の心理学

次の恋に進むべきか、それとも今の関係を維持するべきか悩んだら

はじめまして、ソレナルです。
5年以上御付き合いさせて頂いて婚約をしている彼とは、ずっと遠距離での恋愛をしてきました。
毎日連絡もしますし、愛していると毎日伝えられる仲です。

ですが、ここ1年ほど会っていません。彼の住む場所が変わったことで、まだ慣れてない等のいいわけをして 自分のキャリアアップで私の優先順位を今まで以上に格下げしたようでした。

会いたいとも言いますが、なんとか時間を作るよなど無理やりに時間を作らないといけないような言い方をしていて…

一緒に生きていく意思が全くかんじられなくなっています。言葉では簡単に言えてもです。

もとから私のことはそこまで好きではなかったと思います。実際別れようとして、本心だと言われました。

もうこの関係から離れて、私は次を探していくほうがいいのだと思っています。そのほうが彼にとっても楽になる(キャリアアップを優先しているので)とも思います。

こういう場合、向き合うために最後に出来ることって私にありますでしょうか。

ネタ募集ネーム:ソレナルさん

ソレナルさん、おまたせしました。ネタのご協力ありがとうございますm(_ _)m

なるほどな、と思いながらご質問を読ませていただきましたよ。

お二人の間にはお二人にしかわからない感覚があるんだろうな、と想像しながら。

そして「一緒に生きていく意思が全くかんじられなくなっています。言葉では簡単に言えてもです。」という言葉がなんとも切なく響きつつ、あなたの覚悟を感じるような気もしています。

 

さて、今回のご質問は「向き合うために最後に出来ることって私にありますでしょうか」ですね。

このご質問の向き合う「対象」はどのようにお考えなのでしょうね。

今の恋愛なのか、自分自身なのか、それとも彼、なのか、そこだけ明確に書いてくださっていないように僕は感じたんですよね。

ちなみに、僕がカウンセリングで同様の相談をいただくとしたら、「今の恋愛、自分自身、彼」の3つの要素全てに向き合うといいですよ、とご提案します。

その時々で向き合うべき対象(意識の持ち方)は変わるものですからね。

ただ、基本的には自分の感情と向き合うことにはなります。

今の恋愛と向き合うことも、自分と向き合うことも、彼と向き合うことも、全て自分の感情と向き合うことなので。

ここで向き合えない(受け入れきれない)感情がある分だけ、なかなか先に進めなくなることもあれば、思いを残してしまうことにも繋がることが少なくないですね。

 

次の恋に進むべきか、それとも今の関係を維持するべきか悩んだら

もし、あなたが次の恋に進むべきか、それとも今の関係を維持するべきか悩んだとき、どうしたらいいかについて僕なりの意見をまとめておきます。

僕は基本「ない」ものを考えてもしゃーない(シャレではありませんよ)と考えているカウンセラーです。

例えば、愛されない、よく思ってもらえない、十分に愛してあげられない、良い関係になれない、などの「ない」をずっと考えても、「ある」には変わらない事が多いので、「まぁ、ないものについて考えるより、あるもの・ことについて見つめてみませんか」とご提案することが多いのです。

恋愛におけるマイナスの感情より、プラスの感情(要素)を見つめるほうがいいですよ、って感じですね。

それは「ない」ものばかり意識してしまうことはNGだ、という意味ではないんです。

人は悩むと「ある」ものより、「ない」ものを意識するものです。問題解決思考ってのは基本ネガティヴなエネルギーの使い方なので、そうなってしまうもので「しゃーない」のです。

しかし、「ない」ものばかり考えている状態で「ある」ものを見つけると、おそらくそれにしがみついてしまうので、バランスよく物事を見ることが難しくなる場合がありますね。その結果、自分らしさや冷静さを取り戻せないなんてことも起こります。

 

例えば、

『ずっと彼に愛されないと悩み、彼との関係を続けるかどうか悩んでいた女性がいたとして、その方が心理などを学んで「彼は愛していないわけではなく、上手に気持ちを表現できなかっただけ」と理解した』

というケースで考えてみるとわかりやすいんですよ。

「彼は私のことを愛していなかったわけじゃないんだ」と理解すると、おそらくその事実に飛びつきます。それが何より欲しい答えだったとしたら飛びつくはずですし、今まで「ない」事ばかり考える苦しみから逃れられる感情のインパクトによって救われた感じもするだろうな、と僕は思うのです。

もちろん今までの不安が少しでも手放せるならそれはそれでメリットといえるのでしょうが、同時じ「彼に愛されること」に期待してしまうことも起こり得ることなんですよね。

なぜならそれまで「ない」ことを考えていたからこそ、そのコントラストで「ある」ものが輝いて見えるから。

が、実際のところ、彼が愛していないわけではなかった、と理解できたとしても、彼の言動がすぐに変わるわけじゃありませんよね(切ない話ですけど)

彼の気持ちを理解して、そしてこれから「自分がどう振る舞うか」「どんな自分でいようと思うか」「彼にどんな思いを与えていくか」「お互いのあり方をどう二人で見つめ直すか」などが、現実を変える要素になるわけです。

 

そう考えると、普段から「ない」ものばかりをみつめていると、バランスよく物事を捉えることが難しくなる、といえるわけです。

このような場合は「ないものより、あるものを見つめたほうがいいですよ」と僕はお伝えしています。(普段からバランスよく物事を見つめておられる方には、そのまま直球を投げかけますけどね(^^;)

それから反証材料である「ない」もの(愛せなかったこと、愛されなかったこと、など)を見つめても遅くはないんじゃないかなーと考えています。

 

まぁまぁ僕のクライエントさまって、努力家で誠実な方が多いのですけど、どこかハードコアマッチがお好み?いや「願わくば割れに七難八苦を与え給え」みたいなモードになりやすい方が少なくないのかな?と僕は感じております。

だから、つい痛いほう、苦しいほう、辛いほう、を意識してしまう方が多いのかな、といいますかね。

(カウンセラーである僕にその傾向があるからだろ?と突っ込まれると、ぐぅの音もでないのですが・・・・)

そりゃどんな物事もネガティヴな側面がありますけど、ポジティブな側面もあるわけでしてね。そっちを見ないってのもどうかと思うのですよ。

恋愛で言えば、たしかに辛いこともあるけど、100%辛さしか感じない関係なら別れてますよね、もしくは関係は破綻している可能性が高いですよね、と思うわけです。たとえ数%であってもメリット、ベネフィットなどはあるはず。

それと同じように、自分自身が今の恋愛を継続してきたときに、辛いことも悲しいこともあったのかもしれませんが、良かったこと、喜べたこともあったはず。

そこに強い執着をみせると苦しくなるのですが(この場合は「もう二度とあんな素晴らしい感情(ロマンス)は感じられないのではないか」という誤解があることが多いのですが)

素晴らしいこと、喜べたことなどが「ある(あった)」と認めて、謙虚に感謝したり、受け止めることができると、次に進みやすくなることも少なくないんですよ。

繰り返しになりますけど、物事には必ず「プラスとマイナス」の両面がありますから、そのどちらに自分がフォーカスしているかで、自分の気持のあり方が変わるのですよ。

 

自分が何を見て、どう解釈しているかで世界は変わる

もとから私のことはそこまで好きではなかったと思います。実際別れようとして、本心だと言われました。

きっとあなたがそうお感じなのであれば、それも真実なのでしょうね。

そのお気持ちを僕は否定したいわけじゃありません。そのお気持ちも尊重されるべきことだと考えています。

その上で少し考えてみてほしいことがあります。

「あなたはその彼のことをどこまで愛していたのでしょうか」

どこか彼のために(彼のキャリアアップのために)離れるほうがいい、とお考えになる貴女のことです、きっと彼のことを真剣に想ってこられたのではないでしょうか。

ただ、その実感が伴っているかどうか、で、今の関係を続けるべきかどうか、の悩みの大きさが変わってきます。

例えば、客観的見ると十分に彼を愛している人であっても、その実感が伴っていないと、なかなか自分の幸せのための決断ができない場合もあるわけですよ。

逆に、「私は十分に愛した」と思っているけれど、実はずっと待ちの姿勢を崩していなくて、与えるという意味でベストを尽くせていなかった場合も同じです。

(だから、ぶっちゃけ自分が何もしていない(受け身)であった場合、失恋というのは「一方的に相手にNOを出された、突き放されたというダメージを受ける」だけの出来事に変わってしまうわけですね。)

前者の場合は、自分のことをあまりに厳しく見て認めない姿勢を示しているケースであり、後者の場合は、依存心が手放せない、大人になりきれていない、というケースでもあります。

ただ、どちらも「私は愛する人のために何もできていない」という罪悪感を感じることになり、それが自分の幸せについて考えるブロックになることは少なくないのです。

 

では、このようなときはどうしたらいいのでしょうか。

少なくとも僕は「自分の愛情や良い感情を相手に向ける」ことで、この罪悪感の影響を弱めていくことを考えますし、実際にそのようなご提案をします。

相手に感謝する。出会いに感謝する。

相手が具体的にしてくれた行動に感謝する。

自分が与えようとした行動、愛情の価値を認める。

そういった実際にあった出来事を謙虚に、丁寧に認めて受け入れ、相手に感謝すること。

自分自身が与えてきたこと、頑張ってきたことがあったなら、その価値をも認めていくことですね。

 

そう思おうとすると、つい「本当に十分だったの?」と考えてしまうものかもしれません。

ついつい別れの痛みや、愛されていなかったのでは?という疑いがあると、「ある」ことを認めようとするだけで辛くなるし、葛藤するものです。

ですが、それでも丁寧に見つめていくことですよ。

そこで上手に自分(感情)を見つめていくサポートこそ僕の仕事といいますかね。

あなたが愛したこと、あなたの愛情の在り処、二人が共にいた時間に起きた素敵な出来事は、あったこととして認めていただけるように心がけているところです。

もちろん、あまりに違和感や抵抗感を感じるときは、先に悲しみや不安などの感情を解放するプロセスを進めたほうがいい場合もあります。そこは僕も慎重に見てご提案させてもらっていますが、それだけではなかなか「向き合った」ということにはならないことも多いのですよ。

だから、ちゃんと自分や今の恋愛、そしてパートナーに「あった」ものを見つめて感謝し、認めていくこと。

それによって僕たちは罪悪感から解放され、自分にもう一度幸せを与えることが可能になってくる、そんなイメージですね。

 

だから、ソレナルさんも同じように、自分の気持ちを見つめていかれるといいと僕は思いますよ。

あなたが彼と向き合ってきたこと、彼を受け入れたこと、いろいろあったのではないでしょうか。

そんな自分にどんな声をかけてみようか、何を伝えてみようか、と考える。

そして5年もの間共にいたパートナーに、どんな声をかけてみようか、と考える。

実際にそれを伝えてみてもいいわけですけど、そのように「自分の感情」と向き合っいくと、すっと気持ちが楽になったり、軽くなった感じがして、次に進むことも容易になっていくと思います。

カウンセリング・セミナーを利用する
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

あなたの質問にお答えします

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...