【オススメ記事】

「私より大変な人はたくさんいる」を手放したほうがいい理由

「私より大変な人はたくさんいる」はきっちり手放そう

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

さて、長く続いていた出張も一旦終わり、昨日から名古屋でいそいそと仕事しております。

そして今週金曜から日曜まで、再び福岡に参りますよ!

2019年4月19日(金)は福岡で『恋愛心理学講座』を開催します。

今回の恋愛心理学講座は「恋愛がなんだか長く続かない」「幸せだって感じられない」その理由について直球で解説する2時間です。

自分を見つめ「なるほどなぁ・・・」と意識していただくことで、もっともっと恋愛上手になっていただこうという魂胆です。

講座詳細・お申し込み等は神戸メンタルサービスWEBをご覧ください。

それではコラムです、よろしければどうぞ!

※本コラムは2019年4月10日にアメブロ・恋愛テクニックに投稿した記事の再編集版です。

 

私より大変な人はたくさんいる、という気持ち

真面目で、努力家で、忍耐強くて、弱音を吐かず(感じてはいても)一人で頑張る。

 

そんなみなさんの恋愛やご夫婦に関するお話を伺いますと

 

「彼のこともっと大事にしてあげたかった。でも私も辛かったし頑張れなかったんです。
ただ・・・やっぱり私ががんばれなかったのがマズいんですよね。」

 

というお声を伺います。

 

そしてその後に

 

「私より大変な人はたくさんいるのに」
「私は両親や友達にも恵まれているはずなのに・・・」

 

そんなお声もかなりの確率で伺います。
「なるほど。そうお感じなんですよね。そう思われるお気持ち、僕なりに分かる気がします。

 

ただ、できれば「頑張れなかったのがマズイ」だとか「私より大変な人はたくさんいる」という思いは丁寧に手放したほうがメリットがありますよ。」

 

そうお伝えすることも少なくないんです。

実際に手放すためのセッション(心理療法)などをご提案することも多いですしね。

 

人を使って自分を責めない

ではどうして「私より大変な人はたくさんいるのに」を手放すほうがいいのでしょう。

 

その理由は

 

「人を使って自分を責め、裁く」という部分にあります。

 

他人を「自分を責め・裁く理由」に使うと、自分の中に「罪悪感」が生まれるのです。

 

自分は他人を罰の理由に使い、承認していないからです。

 

もちろんそんな悪意がある人は殆どいませんよ。むしろ謙虚に頑張ろうと思っている方が多いです。

 

自分より大変な人を見つけることで「自分のモチベーション」を作ろうとしているんですよね。

しかし実際は怖れや罪悪感を強めているので長い目で見るとモチベーションは下がっちゃうんですね。

 

 

これ、立場を逆転させて考えてみると更に別の事実が見えてきます。

 

もし、あなたのしんどさが「大切な人の罰の理由」になっているとしたら、どう思います?

 

やっぱりあまりいい気分はしませんし、「自分は何のために存在しているのだろう」を考え込んでしまう理由になりはしないでしょうか。

 

このような「自分も辛い、相手も辛い」という形を「Lose-Loseの関係」(自分の負け、相手も負け)といいます。

 

「あの人がこんなに頑張っているんだから、私も頑張ろう」という前向きな競争意識とは全く違うものですよね。
 

 

そして、この関係が恋愛や結婚生活の中で登場するとしたら・・・この関係はどんな方向の進むでしょうか。

そんなこんな理由もあって「人を使って自分を責めるのはやめましょうね」とカウンセリングではサポートさせていただくことが多いのです。

 

どうして人を使って自分を責めるのか?

ではどうして人を使って自分を責めてしまう状態になるのでしょう。

 

この理由は人それぞれ様々です。

例えば、親子関係から過去の体験の影響など深いお話になることが本当に多いものです。

 

 
ただここには共通して

 

「人を使って自分を責めていれば、人に責められないような気がする」

 

そんな気分になっている人も少なくない、という実感が僕にはありますよ。

 

人の苦労を使って自分を責めることが防衛、つまり「何かしらの不安への対処法だった」というケースはとても多いのです。

 

・頑張っていないと認められない気がする。
・努力していないと怒られる。
・いつも必死になっていないと怠けていると思われる。
・そもそも愛してもらえない。

 

そんな思いがココロの内に残っていると

 

「自分を責めていないと、もっと悲しいこと・悪いことが起きる」と感じてしまうのです。

 

だから、自分よりも強い罪悪感や苦労を見つけては、自分を責める理由を探すわけです。

 

 
意識的には「自分が愛され、認められる」ために行っていることだったからなかなか止められない、というケースが多いわけです。

 

ただ、その結果、手に入るものは「苦しさ」「しんどさ」「自己肯定感の低さ」「もうやってらんないよ・・・」という気分というわけですから、切ないですよね。
 

どうして人を使って自分を責めてしまうのだろう?と見つめる

「私は人を使って自分を責めて相手に嫌な気分をさせていたのかもしれない・・・」

もし、このテキストを読んでそう感じた方がいるならば、まずそこでストップです。

それ以上自分を責めてもあまりメリットはありません。気づいたならそれで良し、としておいてくださいね。

そして、人を使って自分を責めること自体を否定的に見るのではなく、こう考えてみてください。

「どうして自分はそうしてきたのだろうか?」

いい悪いの判断抜きに見つめていただくほうが良いでしょうから。

そもそも誰も好き好んで人を使って自分を責めたい人はいないはずなのです。

だから、今までの自分を否定することなく、今起きていることに向き合っていくことをオススメしています。

もし、人を使って自分を責めるとしたら、どんな理由が思いつくでしょう。

もっと頑張るため?
誰かの期待にこたえるため?
もっと評価されるため?
もっと自分を成長させるため?

ここで思いつく理由が見えたなら、「それを実現させる別の方法」を考えてみましょう。

もっと頑張りたいなら、自分を褒めてみてもいいはずです。
もっと評価されたいなら、自分なりにできることを続ければいいはずです。
もっと自分を成長させたいなら、できる範囲で学びを深めればいいでしょう。

できることは他にもたくさんあるはずなのです。

ここに気づくことができると、「私よりもっと大変な人がいるのに・・・」という気持ちは手放しやすくなりますよ。

ネガティブな感情を上手に使って自分を見つめることは、更に自分が成長するきっかけにもなります。

ただ、それは自分を責めることとは違うのです。人を使って自分を責めることもまた違います。

でもついついやっちゃうんですよね・・・これ。

人は自分を罰すると、自分も辛いですし、つい他人を罰したくなります。

だから結果的に文句や不満、嫉妬などを感じるものなのです。

しかし、どうして自分は人を使って自分を責めるのか、その理由にあまり罪はないはずなのです。

その理由に気づいて手放すことが、自分を楽にするだけでなく、Lose-Loseの関係から抜け出して人と気分良く関わるための良策になるというわけですね。

浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール
最新セミナー情報はこちらから! 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...