その他

「恋愛に自信がない」を癒やすには「私は素晴らしいと感じて気分が落ちないぐらいに癒やすこと」

私は素晴らしいと感じて気分が落ちないぐらいに癒やす

カウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

今日中に間に合うか、それとも間に合わないか・・・ギリギリになりそうですけどブログ更新します。

今日は昨日のコラムの続きですね。

よろしければどうぞ。

褒められると気分が落ち込んでしまうという状態

僕たちはどこか当たり前のように「褒められればいい気分になる」と思うことがありますよね。

だから、自分も人も褒めるといい結果が出ると思うわけですよ。

自信をつけたいと思えば、確かにこの方法はいい方法なんです。

ただ、自分の気持ちが辛いとき、ネガティヴな方向に振り切っているときほど、褒められても嬉しくない、と感じることがありますね。

例えば、失恋したての友達に「またいいカレができるって、大丈夫だよ」と励ましても、友達が余計に辛くなってしまうことってありません?
これと同じように、自分を認めてあげたい、自分を肯定してあげたいと思っても、それがうまくできず、逆に気分が落ちてしまう場合もあるんですよね。
こうなると、自分は辛いわ、自分を認めてあげられないわ。
にっちもさっちもいかなくなることがあるわけですね。
自分を癒そう、恋愛に自信を持とうと思っても、つい「私なんて・・・」と思っていたほうが、気持ちのバランスが取れてしまう。
そんな状態といえますね。

そもそも僕たちは、ポジであれネガであれ、自分の気持ちにフィットした言葉、状態、イメージを好み、それ以外には違和感を感じるものですからね。

 

私は素晴らしいと感じようとすると気分が落ちる理由

自分を褒めたり、素晴らしいと感じると「辛い」「気分が落ちる」というお話って、カウンセリングでも伺うことがある話なんです。

たとえば、

自分は自分なりに頑張ってきたんだよね。
一生懸命頑張ってきたんだよね。
ちゃんと向き合ってきたんだよね。

自分にそう声をかけたときに(他人から言われたときに)なぜか苦しいと感じるというお話です。

その理由は「自分は誰かの喜びにはなれなかった」といった痛み、自分をちっぽけに感じる気持ちが強まっているから。

もちろん「誰かに愛されなかった」という痛みもありますが、そちらはまだ乗り越えやすいといいますか。(それでも辛いですけどね)

もっと乗り越え難いのは「大切な人に自分の思いが届かなかった」という痛みなんです。

それは何も恋愛・男女関係で起きた出来事に限った話ではありません。

親子関係、友人関係、学校での対人関係、自分自身のチャレンジと挫折・・・今までの中で「自分は誰かの喜びになれていない」と感じた経験を乗り越えていないと、自分を認めることに違和感や痛みを感じるんです。

こういった状態になると、人からの応援や承認を受けるとチクッと心が傷んだり。

自分自身のことを信じられなくなる分だけ、たとえ自分に自信をつける目的で自分を磨いたり、頑張ろうと思っても、チャレンジすること自体が苦しくなっていきます。

こんなときほど、ハートブレイクのダメージが色濃く残っている可能性が高いので、無理せず、自分を大切に、頑張りすぎず、今の気持ちから丁寧に見つめて癒やすことが効果的なんです。

まだ、こんなに痛みが残っていたんだ、ということを丁寧に見つめて受け容れて。

多少の時間の投資は惜しまずに、自分の気持ちと向き合って解放していくことですね。

カウンセリングでもよく登場する癒やしのプロセスです。

無理に「自分は素晴らしい」と思うことはしないほうが楽です

ただ、僕たちはどうしても「誰かの喜びになれなかった」という自分を受け容れることに抵抗感を感じるものです。

だから、失恋を機に、恋愛での失敗を機に、仕事や自分磨きに夢中になって素敵な自分になろうとされている方のお話も意外と伺います。

もちろん、自分を高める努力自体はとても尊いものですよ。僕も素晴らしいと思うのです。

しかし、自分の心の痛みを隠すように、過去の失敗から逃げるように自分を高めようとすると、なぜか自分を高めるための努力に見合ったリターンが手に入らないことがあります。

自分を磨き、美しいと言われるようになっても、いつまでも不安が消えない。
周囲から承認されても、愛される自信が感じられない。
仕事でどれだけ優秀であると言われても、自分が素晴らしいとは思えない。

そんなくすぶった気持ちを解消するために、また頑張って人を好きになって、恋をして、不安になって、傷ついて・・・なんてお話も伺います。

もちろんそういった皆さんの行動やチャレンジを僕は否定したいわけじゃないんです。

そこにある思いも、チャレンジも、素晴らしいと思う。

でもね、もう少しだけ自分に優しくしてあげてもいいかもしれませんよね、というご提案をさせていただいているんです。

なぜなら、強く傷ついたままで、自分をいたわらずに頑張るときほど、無茶をしがちで、更に傷が深くなることも少なくないからです。

「いやー。僕もあなたらしいって思うんですけどね。

そこまでチャレンジできるってスゴイことだと思うんだけど、いやー、うん、やっぱり無茶しない方向で行きましょう。

せっかくカウンセリングにお越しいただいているんですから。

僕はあなたの心の傷を癒やすのが仕事としていて、傷つけることが仕事じゃないので。ねぇ。

これをきっかけにちゃんと自分が【今のままで十分魅力があるし、誰かの喜びになれる存在】と感じられるように癒やしを進めていきましょう」

無理しなくても、あなたは素晴らしいのですよ。

でも、痛みが強いときほど無理しちゃうんですよね。そのほうが感情としては麻痺するので、楽だってことも意外と多いもので。

その感覚、僕も知っているんですけど、あとでどっと疲れや痛みが襲ってきたり、燃え尽きも早くなるので、できれば丁寧に癒しておきたいところ。

痛みも疲れも解放しておけば、自分は自分でいいんだよね、と思いやすくなるものですからね。

思いが届かなかった傷は、私が「頑張った」という証

以前の記事にも書きましたけど、僕のブログやカウンセリング・ワークショップでは

「傷ついた」は、「頑張った証」と理解されます。

失敗も挫折も、それは尊い経験と理解されます。

もちろん今、誰かに愛が届かなくて、傷ついて、苦しい思いをしている方がいるなら、この言葉ですら消化剤にもならないかもしれません。

しかし、僕たちは頑張ることなしに傷つくことはありません。

どんな結果であっても、頑張っていなければ、傷つくことも、つらい思いもしません。

そう思えるぐらい、自分を大切な存在だと見つめることができるかどうか。

これが実現すれば、「私は素晴らしい」と感じて気分が落ちることは少なくなるでしょう。

不安が襲ってきても、悩んでも、その不安や悩みを感じる時間が短くなって、楽になっていきますし、思い悩む時間も減っていきます。

実際のカウンセリングでも、パートナーに別れよう・離婚だと言われて自分を信じられなくなった女性が、今はとても幸せな毎日を送っていらっしゃるなんてケースもあります。

恋愛に自信がなくて、自分の弱さを嘆いていた女性が、今はなかなかいい彼さんと出会い、結婚間近だ、というケースもあります。

これは全て現実に起きていること。

そんなみなさんにご提供した癒やしのプロセスは、今の自分の気持ちを否定せずに受け入れること。

それから「皆さんの素晴らしさ」を実感してもらうことだけだったんですよ。

だから、一度自分に問いかけてみてください。

あなたが頑張ったことは何でしょうか。
あなたが大切にしようと心を砕いてきた人、関係性はどんなものでしたか。

思いついた分だけ、あなたは誰かを喜ばせたいと願ったはずなのです。

そんな自分にふさわしい丁寧な癒やしを、どうか自分に与えてあげてくださいね。

ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...