恋愛・夫婦の心理学

彼が言う「大丈夫」の意味ってどういう意味?

浅野寿和カウンセラーに質問

付き合って1年になろうとしている彼との交際は順調なのですが、ひとつ悩みがあります。

彼のいう「大丈夫」の意味がわからないことです。

例えば、彼が仕事が忙しく部屋の片付けができていない状態で、私が掃除や洗濯など手伝おうとして「大丈夫だよ」と言われたとき、遠慮して言っているのか、触れないでほしくて言っているのかが判断できないのです。

普通は表情とか言い方で判断されるのでしょうか。
色々注意して見ても、それで彼の本心はきっとこうだなと思える自信がありません。

彼が普段から嫌なことを嫌というタイプではないからわかりにくいというのもあります。

でも、1番は私自身がNGの少ない性格が原因なんじゃないかなと思います。
他人の自慢話にイライラしないし、遅刻をされて数時間待たされても何も思いません。怒ることが人生でほとんどありませんでした。

なのでつい自分も同じことをしてしまい、そこで怒りを買ってダメなことだとはじめて気付き、自分も人にしないように気をつけるようにする、というのを繰り返してきました。

今はもう良い年なので人を怒らせてしまうことはありませんが、そういう土台があるせいで、また気付かずにやってはいけないことをしているんじゃないかと思っています。

恋愛では特に、仕事や友人関係以上のやりとりをするので、はじめてのシチュエーションに当たることが多いのです。。。

浅野さんはカウンセラーとして多くの人に接すると思いますが、言葉から本意を読み取るために気をつけていることや、テクニックのようなものがありますか。

それから、仕事中は同じように大丈夫と言われても手はいらないか助けてほしいのかわかるのですが、距離が近い人のことほどわかりにくいっていうことはあるのでしょうか。

ネタ募集ネーム:ぽむぽむぷりんさん

ぽむぽむぷりんさん、おまたせしましたm(_ _)m

ネタのご協力ありがとうございます。今日はあなたのご質問にお答えしますね〜。

※みなさまが聞いてみたい「ブログネタ」はこちらで募集しておりますm(_ _)m

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...

なるほど、彼の言う「大丈夫」の意味がわからないことがあるってことですね。

確かにあなたの彼が「嫌なことは嫌(NOがハッキリしている)というタイプではない」のであれば、わかりにくいと感じることもあるかもしれませんね。

ただ、「大丈夫」って言われる側は不安なんですよねぇ。大丈夫って言われているのに大丈夫じゃないって感じちゃうし、それって本心なの?と疑っちゃうこともありそうですし。

かといって、相手は大丈夫って言ってる以上、そう信じるしかないし。

あーでもなんかもやもやする!みたいなことって起こり得ることですよね。

あなたがおっしゃるように、それが遠慮を意味しているのか、NOを意味しているのかって、なかなか判断つかないと考え込んじゃうこともあるかもしれませんね。

では、僕なりにお答えしますね〜。

「大丈夫」と口にする人が感じていることってなんだ?

僕の経験上、大丈夫と口にする人にはいくつかのタイプがあると思っていますよ。

・本当に「大丈夫」だと思っている。

これはそのまま「大丈夫だよ、僕は私は」と伝えているケースですね。

 

・口癖として「大丈夫」という言葉を使っている。

いわゆる「飲み屋でのトリビー」みたいな感覚ですね。普段からの口癖として大丈夫という言葉を口にするケース。この場合、なんでも「大丈夫」といっておけば難がないだろうと考えている可能性がありそう。いわゆる処世術、うまく人と関わる方法として使われている場合がありますよ。この場合は本人も自分で何を感じているのかよく分かっていないかもしれませんから、相手の好意を無自覚にはねのけていることがあるかも?

 

・本当は大丈夫じゃないけど裏腹な言葉を使っている。

本当の気持ちを話せない(普段から感情を抑えて隠している)人や、自分の気持ちを悟られたくないと思う人は、こういった話し方をするでしょうね。本当は気づいてほしい気持ちがあるんだけど、それが自分から表現できないタイプの人に多いです。

 

・相手に遠慮してほしくて「大丈夫です」と伝えている。

これは「NO」という意思表示が苦手な人に多いですね。相手を傷つけちゃうんじゃないかな(自分がはっきりNOと言われると傷つくので)大丈夫という言葉を選び伝えることで、「いやいやそれはいいですわ」と伝えているイメージです。

 

・恥ずかしくて「大丈夫」って言う癖がついている。

また、超絶恥ずかしがり屋タイプは、何をしても大丈夫って反応するかもしれません。これは人と関わることや愛されることに恥ずかしさを感じる超かわいいタイプの人が見せる反応です。もちろん本人の感情としては大変なことになっちゃってるかもしれませんけどね。

 

・相手に負担をかけたくなくて「大丈夫」と伝えている。

相手のことを思い、負担をかけたくなくて「大丈夫ですよ」と伝えているケース。その人の本心が「本当は助けて欲しい、サポートが必要だ」と思っていても、相手のことを考えたり、自分自身が相手の負担になりたくないと感じている場合に出てくる言葉ですね。なかなか受け取らない、受け取りベタな方から多く聞く言葉でしょうかね。

 

・「ありがとう」の代わりに「大丈夫」と伝えている。

これも結構見かけるケースですけど、自分が相手から何かをしてもらって感謝しているときに「大丈夫」と伝える人もいますね。遠慮のニュアンスと感謝のニュアンスが重なっているようなイメージです。

 

その他にも、実は相手にムカついているんだけど、相手の手を借りるのが癪だから「大丈夫」といって怒りを使って分離する人もいますね。どこか劣等感が強まっていたり、なかなか素直に欲しいものが欲しいと言えない場合に出てくるパターンかな、と思います。

 

ただ、どのパターンにせよ、このような表現をを使っているのは相手であって、相手の責任の範疇にあることです。

その相手の言動を見て自分が何を感じるか、が、自分の責任の範疇にあるものでね。

また、相手の言葉にうまく反応できればそりゃいいんでしょうけど、そうでなかったとしても自分だけに非があるってわけじゃないです。

そもそもコミュニケーションとは「お互いにわかりやすく」が基本ですからね。それが相手のことを思うことでもありますよね。

そう考えると「わかりやすく気持ちを表現する」ということも「与える」ことの一部だと考えることができそうですね。

さて、僕は思うあなたの彼さんって「大丈夫」が口癖になってないですか?

だとしたら、きっと自立タイプである可能性が高いですよね。

自分でやるからいいよ、とか。そんなに気を使ってもらっても大変だろうから、とか。

一見すると相手の慮るような気持ちを使って、相手の好意を止めるタイプなのかも、なんてふうに僕は思いましたよ。

これはあくまで僕の見立てですけどね。

だとするならばの話。

彼はきっとあなたに対してネガティヴな気持ちを抱いているわけじゃないと思います、現時点では。「今、関係はうまく行っている」と書いてくださっていますしね。

だから大丈夫じゃないですか(大丈夫って意味で)

ただ、あまりに遠慮して大丈夫だよと連発する人のそばにいると、楽しさや喜び(お互いに関わりあうことでの喜びなど)が減っちゃうことは確かかな〜と思います。

相手になにかしてあげたいと思っても、それを止められるわけだから、いわゆる「愛したい女子」のみなさんからすると、「彼はいい人だけど、何もさせてくれないよ」なんてふうにお感じになる方もいるかもしれないですね。

それが行き過ぎると「私、彼のこといらないって感じちゃう(彼にいらないって言われちゃう)んじゃないかな」といった不安を感じる方もいるとかいないとか・・・。

あ、これは余談でしたね(^^;

でも、この話は結構深いお悩みになることもあるので、念の為書いておきました、ってことで。

 

僕がどう人を見て言葉の意味を解釈しているか?という話

そんなとき僕はどのように見て判断しているのか?ってご質問もいただいていますね。

基本的には「いい悪いなくお気持ちを伺う」って感じです。

もし、相手の言葉の意味を感じようとするなら、その上で「その方は何を感じているんだろう」って見つめさせてもらう感じですね。

その方の過去の話や、育った環境、話の流れとか、その方の話しぶりとか、表情とか、そもそものご性格とかを見ていることはたしかに少なくないでしょうね。

心理の法則を使って、このパターンはこう、あのパターンはこう、と考えるときもありますけど、それ以上に「その方の気持のあり方」を見つめた上で、どの言葉をどのような意味で使っていらっしゃるのかを感じ取る感じ。

言葉にするとわかりにくいな〜(^^;

でもまぁそんな感じです。

あと、期待はずれの答えになっちゃうかもしれませんけど、僕は基本的に「人の気持ちはよくわからん」と感じている部分があります(^^;

たまにセミナーの打ち上げなどで「なんでそんなに分かるんですか?」と聞かれることもありますし、それはありがたいことなんです。けど、僕の感覚としては「確かに共感できている部分はあるのかも。ただ、全てが分かっているわけじゃないよな」なんですよね。

少なくとも僕が普段話すベテランの売れっ子カウンセラーさんって、同じことを言うんですよね。「私は人のことがよく分かりますよ」という言葉を聞いたことがないんです。

昔は「それって謙遜なのかな」と思っていたんですけど、いつしかその感覚がよく分かるようになったといいますか。

不思議なんですけど、人の気持ちを学んでいけばいくほど、分からないことが多いことに気づくといいますか。全然分かってなかったな、と思うんですよ。それは今も常に感じることです。

だから、クライエントさまお一人お一人にちゃんと向き合わせていただいて「感じる」というプロセスはとても大切にしているところです。

人って「同じように感じる傾向」はありますけど、すべて同じように感じているわけじゃないはずなんですよね。生きてきたプロセスも、経験も違うわけだから、絶対に同じ人がいるとはきっと言い切れないはず。

そもそも人の気分や考え方は「変わるもの」だと思っていますし。

そこで、こちらの判断が強くなって相手を決めつけていたり、こっちの想像でしか物事を解釈できなくなってしまうことがあると、なかなかお互いにとって良い結果が出ないといいますか。(これも一つの学びなんですけども)

なので、僕も分かることはお伝えしますけど、「わからないから知ろうとする」ことが多いといえば多いです。

そう思うと、僕はまだまだ未熟でしてね。

ただ「分からないことは恥でもなんでもない」ですから、大いに分からないことを受け入れて理解したいと感じているところです。

だから、ぽむぽむぷりんさんって、本当に丁寧に彼と向き合おうとされているんだろうな、と僕は感じていて、素晴らしいなって僕は思うのです。

「分かってる風」を装うより、「分からないことがあるという意識を持って相手のことを考える」ってものすごく大事なことなので。

 

距離が近い人の気持ほど見逃すことってあるの?

仕事中は同じように大丈夫と言われても手はいらないか助けてほしいのかわかるのですが、距離が近い人のことほどわかりにくいっていうことはあるのでしょうか。

うーん、それはあるっていえばあるかなぁ、と思います。

いわば「他人のことはよく分かる」なんて言葉がありますよね。

自分にとってそこまで親密ではない人の場合、自分の感情や思い入れってそんなにないわけですよね。だから純粋に「相手がこう話すのだから、求めていることはこれだろう」とだけ考えるみたいな部分はあると思います。

それでお互いの気持ちを分かっているとは言えないけど、今のコミュニケーションとしては事足りている、みたいな感じって言えばいいでしょうか。

お互いに「表現したこと」だけで相手を判断しているし、それで十分に関係が保てるような感じ、といえばそうなるかな、と。

 

ただ、自分にとって親密な人の場合はちょっと変わってきますよね。

特に恋愛感情を持つと「相手とひとつになりたい」と感じるようになりますからね。すると、自分のことのように相手を感じたり、自分と相手の違いに戸惑うこともあるわけですよ。

なにより「自分が思うように愛したい」「自分が思うように愛してほしい」という気持ちも強く出てきやすいものです。

このように、自分の感情の影響を多分に受けるものだと思うんですね。

この感覚が出てくるから、つい相手と自分の違いに戸惑って疑っちゃうこともあると思うんですよ。

ただ、その違いってのはある意味当然に存在するものでね。常に二人が一致するものではないはずですよね。

だから、その違いを超えて自分なりに相手を見て、考えて、与えるってことをすればいいですし、お互いに相手の好意を喜んで感謝して受け取る関係になれればいいですよね。

今回のご質問で言えば、もし彼が「あなたに負担をかけない」という意味で「大丈夫」という言葉を伝えているなら、それはそれで彼の思いなわけですよね。

それを上手に受け取るってことができれば、まぁ相手の言葉を見逃しちゃうかも?という不安より、いい関係を作る方向に進めるんじゃないでしょうか。

また、自分から与えたいことを相手に受け取ってもらえなくても、自分なりに行動したことをちゃんと見つめて、自分自身にいい評価を与えてあげることもできますよね。

それででもうちょっと親密感が欲しいときは「水臭いなぁ」って言葉などを使って、二人が喜んでそばにいられるように行動してみてもいいかもしれませんね。

 

今日は以上です。何か参考にしていただければ幸いです。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...