アサノのコラム

家族を大切にする働き方ってなんだろう?

今日はアサノのコラムを更新します。僕の日常で思いついた話を、心理とは少し違った側面から書いてみます。

よろしければどうぞ。

 


この週末は名古屋で2Dayの癒しのセミナーを担当。

そして今日は休みを頂いて、ちょっとばかり考え事をしておりました。

すると、いろんなことを考えることができ、かなり有意義な時間になりましたね。

特に、僕はどうやら、なにより一番に考えているつもりだった「家族を大切にする働き方」を見失っていたということに気づいちゃったんですよね・・・。

あーもう、ねぇー・・・・うーん・・・

でも、まぁ、そうです。気づいちゃいました(笑)

僕自身、今までもずっと家族のことを考えていたけれど、実は「考えていただけ」だった、という事実に気づいた時、ちょーっと愕然としましたけどね(笑)

あぁ、そうか、また自分の中だけで答えを出そうとしていたんだな、と気づいたといいますか。

どこか自分の中だけで「どうやったら家族に苦労をかけないか、不安を与えないか」ばかり考えていたんだなぁ・・・と気づいたといいますか。

よくカウンセリングの中でも、多くの男性はパートナーや家族さんへの「心苦しさ」の話をされることがあるわけです。

例えば、家族に負担をかけると心苦しい、家族が路頭に迷うようなことがないように・・・と。

だから、家族を守るという大義名分の上で、ハードワークする人も少なくないのかもしれませんね。そしてハードワークの中で、どう潰れないか?を考えた時に、潰れそうになる弱い自分を嫌悪して強くなろうとする、といいますかね。

それも一つの自分自身のあり方としてアリなんでしょうけど。

・・・んー?僕にもその要素はあるのか?と、改めて気づいたといいますかね。

本当に家族を大切にするような働き方、今までしてたかな?と思ったわけです。

夢中になって仕事にのめり込むのもいい。けれど、それは一体何を意味しているのか?を改めて考えたといいますか。

こう・・・カウンセラーという仕事をしているからこそ、自分のことが分かっているつもりでしたが、でもまぁ、うん、分かってなかったな・・・と思うわけですよ、はい。

だから、今日は本当の意味で「家族を大切にする働き方」ってなんだろう、と考え直していたんです。

色々なアイデアを学びながら、ですね。

これ、実はこの数ヶ月、僕の中でずっと考えていたことでもあるんです。

この考え方は、僕の世界では「仲間(後輩)を大切にする働き方」にもつながるんですけどね。

20代の頃やカウンセラーとして駆け出しの頃は、ぶっちゃけ自分のためだけに仕事をしていましたしね。ただ「お金」のためだけに仕事をしている時もありました。

しかし、今日の僕の学びは全く違いましたねぇ。

どれだけ家族のために、自分自身が良質な仕事を続けられるかという視点。

そのために今、何をするのか?どう考えるのか?

それが結果的に、先につながるといいますかね。

なるほどなぁ・・・と思うんです。

これも一つの「愛の視点」だよな、と思った次第。

ただ、どうしても僕たちは「自分なりの愛し方」にこだわっちゃうんですよねぇ、悪気なく。

だからこそ、多くの男性は「自分なりの仕事感・方法論・哲学」にこだわっちゃう部分があるのかな、と感じますよ。

また、僕の仕事はある意味で「職人」的なものなので、どうしてもこの方法論や哲学的な部分が強まっちゃうんですけど。(これも言い訳なんですけど・・・苦笑)

こう、もっと自分自身の周囲から見つめるといいますか、大きな視点で「仕事」を捉える視野の広さが、結果的に良いものを残すこともある、とまぁ、いろいろ部分から学ばせてもらいました。

その上での自己実現を考えても良いんですよね、うん。

ただねぇ・・・この自分の方法、働き方を変えるって結構怖いんですよね(笑)

今まで培ってきた感覚が、習慣が変わるって、違和感だし、不安も煽られますからね。

だから、つい、分かっていても古い習慣に戻っちゃうことも多いわけですよ。

そんな時、もう一度見つめるといいことって「仕事の目的」なんでしょうね。

「私は何を目的にして仕事をするのか?」という視点。

自分の中にある「目的」と、実際の自分の「行動」は、「ちゃんと一致しているのか?」

自分の思い・目的が、しっかり達成されるような「方法」をとっているのか?

そんな部分を見つめ直す感じでしょうか。

僕は、ここがちょいとズレていたことに気づいたわけですけども。

いわゆるハードワークもそうですよね、仕事に向かう気持ち、その本来の目的と行動が一致しているのか?と言うと・・・どうなんでしょうね、という部分ですね。

そう考えると、僕たちにとって、目的(意味)を失って仕事をするときほど、違和感を感じたり、辛いものはないとも言えるのかもしれませんけどね。

ということで、今日は僕自身が「家族を大切にする」という目的で、どう仕事をするか?を考えさせられた、という話。

この視点でいろいろ見つめてみた結果、いろいろまた新しい方法が思いつきそうなんですよね。

なので、そのうち実践すると思います。

そして・・・やっぱりこう「自分にはない視点」に改めて気づくと、なんだか気持ちがスキッとリフレッシュしますね。思考や心のモヤモヤが晴れる、といいますかね(笑)

 

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...