MENU
恋愛・夫婦の心理学

恋愛と罪悪感の心理学 ~もうムリだと感じるときの処方箋~

罪悪感は「もう無理だ」と自分の中でささやく

さて、今日は「恋愛と罪悪感」についてのコラムです。

たとえば

  • 私がパートナーを裏切った
  • 自分の力不足で情けなくて申し訳ないと思う
  • なかなかいい彼女、彼になれずに(なりたい気持ちがあるのに)辛い気持ちになる

などの事情があって、パートナーとどう向き合えばいいか分からなくなってしまった、というケースから

  • パートナーに対して尽くしすぎてしまう
  • 対等さを感じられず、いつも相手に合わせてしまう
  • そんな関係が辛すぎて、自分からいつも別れを切り出してきた
  • 恋愛が続かないことがコンプレックスになっている

こういったケースにも役立つ内容です。

よろしければどうぞ。

恋愛と罪悪感の心理

「私はパートナーを裏切ってしまいました。本当に申し訳ないことをしたと思うんです。

ただ、あまりに申し訳なさすぎて、どうパートナーと向き合えばいいか分からなくなってしまいました。」

「私の恋愛は、いつも彼のために頑張っているつもりが、いつからか辛くなって自分から別れるパターンを繰り返しているんです。

自分から突き放しているのだから、辛くなるのは自業自得だと思うんですけど、いつもそうなってしまう。どうしてなんでしょうか。」

全く違うご相談のように聞こえるこの2つの話。

前者は「自分がパートナーを傷つけた」というケースで
後者は「自分が辛くなってパートナーを突き放してしまう」というケース。

なんだか状況はかなり違うように思いますよね。

しかし、よーく見つめると、ある共通した心理状態があるといえます。

「自らパートナーに対して積極的に関われない」

・・・ん?

前者は申し訳無さからパートナーに関われなくなっているのはわかるけど、後者は尽くしている女性なのだから、積極的に関わっているのでは?

そう思われるかもしれません。

しかし、尽くしすぎている状態では、二人の心理的距離が、すご~く近い(癒着っぽい状態)か、近くにいるのに遠い状態になる事が多いものなんですよ。

尽くしても尽くしても、相手の愛情を感じられないとしたら、相手が全く愛する気がない人の場合か、もしくは、自分が相手の愛情を感じられない心理状態か、のどちらかだろう、と僕なら考えるんですよね。

このような状態を作る心理の代表例が「罪悪感」です。

自分は悪党だ、毒だ、罰せられるべきだ、愛されてはいけない、幸せになってはいけない・・・

そのような感覚をもたらす感情です。

だから、パートナーに愛されているってサッパリわからなくなるんです。

この罪悪感の出方が変われば「無価値感」となります。

自分には価値がない、取るに足らない存在だ、愛される価値などない、幸せになれる価値はない・・・

そのような感覚をもたらす感情ですね。

だから、いくら頑張っても相手が喜んでいたり、自分の愛情を受け入れてくれていることが感覚的にキャッチできないんです。思考では理解しているつもりでも。

その結果、自分から積極的にパートナーに関わることができず、悩んで辛い気持ちになることも多いでしょう。

そもそも人は「誰かの役に立ち、喜びになりたい」という欲求がありますからね。

それが実現できていない自分を感じることが苦しいわけです。

それほどまでに僕たちの多くは、人の役に立ちたい、喜びになりたい存在だということなんですけどね。

 

攻略したい、隠したいという気持ち

私たちはなんらかの罪悪感(無価値感)をもっていると、

パートナーを「どう攻略するか」「いかに自分を隠しながら接するか(傷つかないようにするか)」ということに意識が向きやすいですね。

自分が傷つきたくないと思えば思うほど、そう考えがちです。

すると、相手も罪悪感(無価値感)を感じている可能性がある、ということを見落としてしまいがちなのですね。

ここがいろいろと問題を引き起こすポイントになることが多いようなんですよ。

例えば、前出の「前者」の例。

自分がパートナーを裏切ってしまったという気持ちは罪悪感・加害者意識です。

これが辛すぎると思うと、被害者意識を選択したくなるわけです。

もちろん人間ですから、そう思うことはあるでしょうし、その心情は個人的に理解できるものなんですよ。

ただ、そのとき「裏切られた側」の気持ちは見落とされがち、という事実はどーしても見逃せないんですよね。

裏切った側が謝罪もないまま、裏切られた側を説得したり、なんとか納得させようとするとすれば、さぁ相手はどんな思いになるでしょうね。

しかし、裏切った本人は、裏切られた側から罰される、という怖れを感じるから、そうしてしまうものなのかもしれません。

ここではどうしようもないほど、お互いの痛みや辛い気持ちが取り残されてしまうんですね。

前出の「後者」の例。

自分が尽くして尽くして、ちゃんと愛して欲しいし、愛されたい(もしかして愛してもらえないのではないか)と思っている間、パートナーの気持ちはどこにあるんだろう、という部分。

毎日頑張ってくれるのはとても嬉しいけれど、明らかに気を使いすぎたり、頑張りすぎているパートナーを見て、相手はどう思うのでしょうか。

また、パートナーが「相手は不安から必死になっていた」ということに気づかなかった場合や、後で気づいたとき、さて、パートナーは自分自身をどのように感じるでしょうね。

ここにも取り残されてしまう気持ちがありそうですよね。

僕は、カウンセリングをさせていただいてるとよく思います。

もちろん客観的な立場だからこそ思えることなのでしょうが、

「たとえあなたがもう愛されるわけがないと思っていても、そんなあなたを思う人の気持ちが実際にこの世界に存在するケースって多いよな」と。

この人の想い、相手の想いより、自分の中の無価値感、罪悪感が強まっているときに、恋愛や夫婦関係の問題というのは生まれるものだといえます。

 

自分の罪悪感よりも大切なものを選ぶ強さ

お恥ずかしいのですが、僕も 自分の気持ちばかり考えて、人の気持ちを大切にできなかった時期があります。

今も稀に、そうしてしまうことがあるな、と実感し、反省することもあります。

おそらく僕が受け取った人の愛の数より、拒絶した数の方が圧倒的に多いでしょう。

過去の話を少しだけ書くとしたら、僕のことを真剣に大切に思ってくれていた人の気持ちを、あからさまに無視してしまっていたことは、何度もあります。

ついつい、人間はいつも1人で生きていると思い込んでいた自分は、誰かが自分のことを思ってくれているという事実から、逃げるように生きていた時期があったのです。

その当時の僕は、自分など価値などない、自分が他人に影響力を及ぼすことはないだろう、と思っていたわけです。

しかし今になって思い返せば、「僕の影響力を引き受けてもいい」と思ってくれていた人がいると言う事実ほど、ありがたいと思えることはないわけです。

ただ、今だから正直に言いますけれど、僕は怖かったのです。

自分に向けられた好意、愛の目を見ることが怖すぎるほど、人の好意を受け取る勇気とキャパシティーが僕になかった。

それほどまでに僕が、人を大切に思う気持ちを使えずにいて、自分から関わり与えることができなくなっていたんですね。

与える力は、人の思いを理解し「受け取る力」につながりますからね。

それが僕になかった、という事なんですね。

このありがたいことから逃げる、遠ざかる心理を作るものこそ、罪悪感・無価値感なのです。

人である以上、罪悪感や無価値感はなくなりません。

そして、自分から何かしら人の愛を拒絶するようなできごとを引き起こすと、どうしても辛く、苦しくもなるものですよね。

ただ、自分自身が罪悪感や無価値感を選びつづけていると、自分の内面、そして目の前のパートナーの持つ「大切な感情」を選ぶことができなくなることが多いです。

こうなると、今だけでなく、未来にも同じことが起きてしまうかもしれないんですよね。

これがパターン化される心の動き、そのものです。

このパターンを変えて、罪悪感や無価値感を超えていくには、まずこう考えてみるといいでしょう。

「もし、自分を思う人がいるとしたら、その人はどんな気持ちを向けてくれている(いた)のだろう」

そして、その相手の気持ちを使って自分を責めないことです。

自分の近くにいる人を自分を罰する手段に使わない、と決めることです。

それは「自分はパートナーを使って自分が傷つかないと決めること」と言い換えることができるかもしれません。

罪悪感や無価値感がもたらす感情は、自分を確かにズタズタにするような思いを持ってきます。

しかし、それは自分の内面で起きていることである、と捉える事はとても大切なんです。

そこを「もし仮に」という前置きをつけてでも考えてみることが、罪悪感がもたらす問題の抜け道への第一歩になることが多いですね。

罪悪感や無価値感が強い状態は、愛されないという思いを強めるものではなく、自分が愛されてはならないという、人からの愛を拒絶するという問題があるということ。

その人の愛を感じられない分だけ、問題が必要になったりどうにか愛されよう、傷つかないようにしよう、という思いが強くなっていくわけですね。

もちろん実際にとても悲しい経験をしたり、誰かに傷つけられ、自分に価値が感じられない、という状態になることもあるかもしれません。

もっと上手に愛したいと思っても、それがうまくできないこともあるかもしれません。

それはとても辛いことですし、そこは癒されるべき感情がある部分だと僕も思います。ムリをされるより、自分の感情を整えて、ムリに頑張らないことがモアベターな選択となるケースも多いです。

ただ、ここでお伝えしたいことは

うまくいかない関係性・問題とは

「愛されない」という思いが作るもの、というより

たとえ無意識的な(悪意がない)ものであっても、自分が愛を拒絶し、人の思いを理解できなくなっているから生まれることのほうが圧倒的に多い、ということ。

私は人の役に立ちたい、喜びになりたいという強い欲求を持っています。

だから、うまく愛せない、愛を伝えていないと思う分だけ、自分は愛されてはいけないし、そのままでは愛される価値はない、と感じるものなんですよね。

このような罪悪感や無価値感を癒やす、ということは

自信をつけるための頑張りを積むことよりは

今、そして過去からあった「自分に向けられた人の思い」に気づき、それを受け取り、感謝し、受け止めること、そのものなのです。

そして今、自分が大切だと思う人に対して、自分のベストを尽くして与え、関わることです。

どれだけ自分の心と体を使って、大切な人に大切だと表現し、人が向けてくれる想いに反応するか。

一人で頑張ることもいいのですが、積極的に人と関わり人と接することこそが「癒やし」になるものですよ。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...