恋愛・夫婦の心理学

頼まれたら断れない。恋愛も友達にも「受け身」ばかりで辛くなります。~断れない・NOと言えない人のための処方箋~

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日のコラムは自信をつけるといいますか、対人関係で対等さを培うためにも使える内容かと思います。

よろしければお付き合いください。


恋人や友達との付き合い方が常に受け身になってしまう。

つい対人関係の中で相手に合わせてしまうことが多い、NOを言えない。

頼まれたら断れない。仕事もどんどん引き受けちゃう・・・。

だからどうしても毎日が辛くなりがち。自由に生きている人がうらやましい・・・。

もし、そんな感覚をお持ちならば、といった話です。

まず、こういったパッシブ(受け身)なタイプの方って、とても気遣いができて優しいが多いのですが。

まず、その優しさの質、にちょっと注目してみてください。

相手へのやさしさが労わり、感謝、慈しみ、信頼・・・といった形かどうか?

どこか、必要以上に人の苦労や、人の努力を「かわいそう」と感じていないか?

相手に負担をかけることが「なんだか申しわけない」になっていないか?チェックしてみてください。

特に、家族が身近な人との関係で、そう感じていないかなぁ?とチェックしてみるのがいいですね。

実は「かわいそう」「申し訳ない」って、想いは伝わると思うんですが、信頼とはちょっと違うんですよね。

もちろんそこに悪意なんてないと思うんですが、「かわいそう」「申し訳ない」という感情を使いすぎると、「相手は相手の考えがあって、相手は相手でその状況を受け入れている(愚痴などは言えども・・・)」という発想が持ちにくくなります。

なので、相手の頑張り、努力を「負担」だと認識しやすくなります。

そうなると、人に負担をお願いする自体が、相手に迷惑をかけちゃうことになり、どこか感謝より、罪悪感が先に出てきてしまうことがあります。

すると、ついどこか申し訳なさを伴った優しさを使う度合いだけ

悪意なく・・・あなたは言いたいことも我慢するでしょうし、「相手の依存心」などを引き受けてしまうでしょうから、そんなコミュニケーションが多くなってしまいがちですね。

なんだか申し訳ない、かわいそう・・・そう思う度合いだけ、ついあなたがそんな態度をとってしまうことがあるんですね。

これは相手に「あぁ、あなたは何を言っても受け入れてくれる人」という印象を与えてしまうことにもつながります。

だから、相手があなたに対して、お願いばかりやってきたり、話を一方的に聞いてよ・・・という感覚を相手が(時に悪気なく)感じてしまうこともあるわけです。

もし、あなたが人と対等なコミュニケーションを求めていくならば、こういった印象を与えない方が得策と言えそうですね。

しかし、だからといって相手を拒絶する必要はないんです。戦う必要もないんですよね。

このような出来事をココロの面から眺めてみると・・・

あなたが幼い頃や成長するプロセスで、「なんだかかわいそう、助けなきゃ」と思っていたであろう人に対して残している、罪悪感の影響は見逃せません。

例えば、父、母、兄弟などの家族の影響は色濃くて、その家族を大切に思うだけ「かわいそう」「満たされていない」「大変そう」と感じてしまっていることがあるんですよね、実際。

すると、それが対人関係の感覚で出てくることがあって。

なーんか相手の想いを否定することやさえぎるコト、相手の負担をかけることに「抵抗感」を感じるようになることがあるんですね。

だから、受け入れちゃう。受け身になっちゃう。NOが言えなくなる。

とても申し訳ない気がするから。

若干、過保護のような、過干渉のような感覚が出てくる方もいますね。

こんなケースでのカウンセリングでは・・・

例えば、「あなたが過去から今にかけて思っている、大切な人、身近な人に対する「かわいそう」「申し訳ない」といった感覚を手放して、「ありがとう」に変換していく方法などを使うことがありますね。

たとえ、あなたから見てご家族や大切な人がご苦労されていたとしても、それはその方の尊い努力であり、そこにその方の意志があるはず、ではないでしょうか?

そこをあなたが一人の大人として「理解」されていくようなプロセスです。

また、その方の努力を否定しないで感謝し、その人を承認する(すばらしい!って認めていく)こと。

また、苦労せざるを得なかったであろう、その相手の事情を理解すること。

そこに「ゴメン」ではなく、その努力が確かに大変なものであっても「素晴らしい」を評価すること。

つまり・・・相手の意志を止めるのではなく、相手の意志を尊重し、感謝することなのですね。

実際、これをセッションで行うと、心の面での抵抗が出たり、嫌な感覚を感じることも少なくないのですが。

これができるようになると、相手の想いを大切にでき、なおかつ、あなたの内面で「許し~大切な人を大切にしていない罪悪感~」を手放していけるので、実はあなた自身も楽になってきますよ。

これ、同時に自己価値アップにつながっていくことが多いので。意外とお得な方法でもあるかなぁと思います。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

ワークショップで心理を学ぶ!

10月18日に(日)心理学ワークショップを開催します!
毎回「なるほど!」というご感想をいただく浅野の心理学ワークショップ。男女、年齢問わずたくさんの皆さんにご利用いただいています。
今回はZOOMを使ったオンラインワークショップなので、ご自宅など皆さんのお好きな場所から参加できますよ!

疲れた心を整える心理学ワークショップ 【10月18日(日)開催】10月18日(日)「疲れた心を整える」スペシャルZOOMワークショップ 2020年10月18日(日)に、ZOOMでのオンラインワークシ...

 

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...