ほぼ30代からの心理学

「私のことはいいから」が口癖な忍耐女子【忍耐女子が心を癒やすと最強になる理由 その14】

心理カウンセラー浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、もうすぐ3月分のカウンセリングをお受けする時期がやってまいりました。

「毎月5日」に翌月のカウンセリングのご予約受付開始とさせていただいていますが、今月は明日5日が月曜で、予約センターの定休日です。

3月のカウンセリングのご予約開始日は、「2月6日(火)」とさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

それでは今日のコラムです。

よろしければどうぞ。

 


最近、忍耐女子シリーズを書きそびれていたわけですが、今日はまぁ・・・僕の中で大きな発見があり、

「そうか・・・こうすると忍耐女子の皆さんのココロはさらに解放の方向に動くのだな」

なんて、学んでいたといいますか。自分のカウンセリングやセッションをさらに磨くために、いろいろ動いていたんですよね。

さて、私たちは意識していないところで、ついつい「自分のやり方」をずっと握りしめていることが少なくないようです。

これが仕事や恋愛の価値観に大きく影響していることが多いんですね。

例えば忍耐女子のみなさんって、忍耐女子ゆえに「私が頑張って彼を愛しぬきます」とお考えになっている方も少なくないのかもしれない。

しかし「私が彼を頑張って愛しても、彼が神妙な顔をする、辛そうにしている」なんてお話があります。

全然彼が幸せそうじゃない、というお話です。

これがもし「私が愛そう(勝とう)とすると、彼の気分が沈む(負ける)」ということなら、これこそデットゾーンの問題、一人で頑張る限界を示しているかもしれませんしね。

もしかすると、あなたは彼の前でも、一人で頑張っていませんか?

いつも感覚レベルで「一人」を感じていませんか?

私のことはいいから、とか思ってないですか?

あなたの日常で、どこか一人で物事抱え過ぎたり、生きにくさ、つまらなさや、何も変わらない感覚、を感じていないでしょうか。

彼もあなたも元気なときはそれでもいいけれど、関係性がどこか煮詰まってきている時は、このままだと愛し合い支え合う関係になっていかないこともありえますしね。

「私のことはいいから」

どこかこう感じやすいタイプの忍耐女子の皆さんの心には、どうやらいろんな制限がかかっていることがあるようです。

どこか、頑張ることが当たり前。人をアテにすることがなんだか苦手。

だから仕事でもついつい抱え込みがち。残業も多めだったりする方もいますしね。

本当は人の手を上手に借りたい。けれどそれがうまくできそうに感じない。

もしあなたがそう感じるなら、あなたのココロの中の「影」の部分にこの状況を打開するヒントがありそうです。

あなたは誰かをアテにすることで、さらに人の力を借りて大きな成功や幸せ、豊かさを得ることも可能です。その可能性はあなたの前にいつも横たわっています。

しかし、あなたがつい「人の愛情や思いを受け取ること」が苦手なら、あなたも心の窮屈さを感じるかもしれません。

もし、この感覚をパートナーと分かち合うと、パートナーさんもちょっと追い込まれることがあるんです。

そんな時は、もっと頑張ろうと考えるより、あなたの中の、人との関わりに関する「心理ブロック」の影響を考えてみてもいいかもしれません。

もしかすると、あなたの中に誰かをアテにする、人に依存する、ということをブロックするマインド・感情があるかもしれません。

私の今までの人生・プロセスの中で、いつからか「一人で考え生きるようになった」そんな瞬間があるのかもしれません。

これ以上人に期待しても傷つくだけ、寂しいだけ・・・そういった経験をされたことがあるのかもしれません。

誰も私のことは分かってくれない、そんなハートブレイクを経験しているのかもしれません。

そうなってしまう心の理由を見つけて、そして理由はともかく、その感情のブロックをゆっくり丁寧に手放していく。これは観念を手放すセッションや、イメージセッションで実現できるわけです。

これがうまくいくと、ココロの中ですぅーっとこだわりが解けて、肩の力が抜けて、めちゃめちゃいい気分になるんですが・・・まぁ体験していただかないと実感沸かないですよね(笑)

 

ただ、これがうまくいくと、あなたは普段からいろんな人に依存できるようになるので、心のバランスが取れ、あなたの気分も穏やかになって、あなたの印象も変わり、恋愛でも対人関係でもいい効果が出てきます。

特にパートナーがあなたを思う気持ち、が感じられるようになる。これ、とても大切なことですよね。

長い間カウンセリングの現場にいますと、「どんな人も傍にいる人の浮かない顔はみたくない」と思うものだよなぁ・・・と痛感します。

ただ、忍耐女子のみなさんって愛が深いけれど、知らないうちにハードコアな生き方を選んでいることもあるんですよ。これは茨の道って分かっていても、頑張っちゃうんですよね。

ただ、お節介な僕は(笑)あなたのキモチと同時に、「そのあなたの生き方を見ている彼や夫の気持ち」を想像していることがありますよ。

どうしてそんなに一人なんだ、無理をするんだ、と思う男性のキモチだってそこにあるのかもしれない。あなたを愛する男性側からすると相当にきつい無力感を感じるんです。

ただ、それでも結構な確率で「私のことはいいのよ」とおっしゃる女性のお話もガチでお聞きします。

そういったお話って僕の中でのスイッチなんで、つい僕も熱が入ってしまって、絶対にその孤独は癒やす、もう一人にはさせんぞ、と思っちゃうんですけどね・・・。

一人で頑張る、つらくても頑張る。

それはたしかに素晴らしいことかもしれない。

ただ、あなたを愛する人は、あなたの笑顔が見たいんでしょう。そのために傍にいる。それはあなたも同じではないでしょうか。

だから、あなたがあなたを楽にして、上手に心のバランスをとることも、パートナーに与えられる愛情なのかもしれないな、と僕は思います。それは時にパートナーを愛することと同じ意味になるのではないでしょうか。

カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...