MENU
【オススメ記事】

心のシャッターが下りたままの彼

カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

たとえば、こんなケースを想像してみてくださいね。

片思い中でも恋愛中でも、もちろん夫婦であってもいいんですが・・・。

私の彼、結構優しい人だったんですよ、最近まで。

ホントいい感じで過ごしていたのに、彼の態度が急に冷たくなったんです。

実は、最近ケンカして彼を怒らせちゃったんですけど、それ以来、口を聞いてくれなくなったんですよね。

彼がちゃんと私のことを分かってくれないから、私だって寂しかったから、彼に少し冷たくしたんですよね。そしたら倍返しで冷たくされちゃって・・・。

私はそんなつもりじゃなかったんですけど、今はとっても後悔しているんですけど、彼は・・・。

心のシャッターが下りたままの彼

おだててもダメ。謝ってもダメ。押しても引いてもダメ。何をしたって彼は動かない。

まるで彼の心は「シャッターが下りたように」何も受け付けない状態になることも少なくないようです。

「あぁ、私やっちゃったな・・・」

そんな後悔と、とにかく何も反応しない彼を見て、辛い気持ちになったり、悲しみに襲われたりすることも少なくないのかもしれません。

「私は元の関係に戻りたいんですけれど、彼が何を考えているか、どうすればいいか分からないんです」

そういったご相談、とても多くいただきます。

そこで今回はどうして「彼が心のシャッターを下ろしてしまっているのか?」という部分について、ひとつの考え方を書いてみたいと思います。

 

心のシャッターを下ろすときってどんなどきだろう?

一般的に考えて「人が心のシャッターを下ろすとき」ってどんな時なんでしょう?

もしあなたが心のシャッターを下ろしたくなるときって、どんな時でしょうね?

 

・・・。

 

人によっていろいろな理由が出てくると思うんですが、

心理的に見ると「感情的な影響を受けたくないとき」が多いでしょうね。

 

人の心の中にいろんな気持ち・感情が存在します。

例えば、辛さ、苦しさ、怒り、など。

今は感情を揺さぶられたくないよなと思えば、

自分が感情的になる状況や物事を避けますし

感情的にならないようにと自らが我慢するからこそ無表情になることが多々あります。

心のシャッターが降りている状態とは

「自分が感情的になりそうになりたくないので、感情を表現しないように我慢し、できる限り外野からの刺激を避けようとしている状態」

といえますね。

これはシャッターを下ろしている側も、非常に疲れますしイライラも募るでしょう。

心理状態としては決してラクではない、むしろ息苦しくなるでしょうね。

しかし、そこまでしても「感情的になりたくない強い意志」があって、それが心のシャッターを下ろさせているわけなんです。

 

優しい彼がシャッターを下ろす理由は怒りにある

では、どうしてそこまで感情的になりたくないと思うのでしょう?

今回のケースのように「パートナーとケンカした」ケースであれば、あなたにはもちろん、彼にも何かしらの言い分があるのでしょう。

そしてあなたの言動で彼が感じた気持ち、も存在するはずです。

ただ、もともと彼が優しい人であったり、とても真面目な人であれば、こう考えることも少なくないんですよ。

「女性を責めるなんてこと、男のすることじゃない。」

もちろん誰もが人を責めたくて責めているわけじゃないと思うんですけどね。

たとえパートナーに反論したい、相手に自分の言い分を伝えたいと思っても

自分の言い分を伝えることが相手を悲しませることになるとしたら、それは自分が取るべき行動ではない。

もし仮に彼がそう感じているとしたら

「彼女を責めたくはない」という気持ちで自分の言い分を押し殺している、とも言えるのです。
男性の心の中には「女性を守る」という発想が根強く存在し、これは男性が感じる強さや価値、自信といった要素と強く強く結びついているんです

よって多くの男性は

「女性を傷つける自分は弱い・最悪」といった感覚を強く持ちやすくなります

多くの男性は、できれば彼女を責めたくはないと願っています。

ただそのときも、自分の感情はまだ消えたわけじゃない。不満も怒りもイライラも残っている。

しかし、彼女はそばにいて自分に関わってくる。どうしたの?と様子をうかがってくる。

・・・止めてくれ、今、口を開いたら君と責めてしまいそうだ。

・・・分かってくれ、今僕の気分は最悪でうまく関われそうにない。

・・・もう少し時間をくれ。この気持ちが収まるまでそっとしておいてほしい。

だから彼は心のシャッターをおろし続けないといけなくなるんです。我慢が続くんですね。

 

そんな彼とどう関わっていきましょうか?

そもそも感情は「感じること、表現すること」で心の中から開放することができるもの。

いくら我慢してもその質量は減ることはないのです。

ただ、そもそも男性は「感情的になることが苦手」な生き物です。

女性の皆さんは驚かれるかもしれませんが

「今、自分が何を感じているのか」すらよくわからない男性ってたくさん存在します。

もし自分でも分かる感情があるとしたら、怒りか、攻撃性か・・・・。

※だから「男はすく怒る」とおっしゃる女性もいるし、「俺は怒ってないよ!」といつも言う彼、夫が存在するわけです。

もし彼がこのような心理状態であれば、確実に「彼女怒らないように心のシャッターを下ろしている」のですね。

 

だとすれば

何のために?

誰のために?

どんな目的で?

もちろん「彼が心のシャッターを下ろしている」その姿は、彼女・パートナーに対して無関心だ、あなたの気持ちには興味がなく、全く私のことは考えていない

そのようの映るかもしれません。

何だか「とても冷たい人」のように感じるかもしれません。

(確かにそういうケースもないことはないかもしれませんけれど・・・それには客観的な視点と見極めが必要ですね。)

しかし本当に彼が彼女に無関心で興味すらないのであれば、きっとその彼は女性に寄り付かなくなるだけです。

ここでのポイントは

「冷たい態度」というのは「感情的ではない態度」であること

あなたに興味がないというより、

あなたに興味を持つと感情的になってしまうので、それを避けているのです。

つまり、彼はまだあなたに興味がある、のです。

興味があるから、心のシャッターを下ろして無反応になろうとするのです。

ただし。

心のシャッターを下ろしている彼も、「なんか悪い態度だよね、俺」と自覚しています。(※自覚していないなら大問題ですね)

彼の心中も、非常に微妙な感覚なままなのですよ。

どこか「悪いなぁ・・・」という罪悪感を感じながら

「でもなぁ、ケンカしたけど、俺だけが悪いわけじゃないし」と

自分を保つために正当化したくなるわけです。

まま、なかなか素直になれないこともあるわけです。

そんな状態の彼に、女性が感情的になって迫ってしまうとどうなるでしょう?

彼が、必死こいて抑えている感情を引っ張り出そうとしているようなものですから

彼はあなたが感情的になればなるほど、「幾重にも心のシャッターを下ろす」ことになる。

つまり、さらに距離を取りはじめるでしょうね。

とはいえ、彼女側も

「ケンカして後悔して、彼の態度で「拒絶された感覚」を感じる」だなんて、辛いですよね。

だから、どうにかして彼の態度を変えたいと思うのでしょう。

ただ、私達が相手の気持ちを考えるとき、多くは自分の中にある想像力を駆使して考えています

「彼は一体何を考えているんだろう・・・」と考えたとき、ネガティヴなストーリーを描くのも、ポジティブなストーリーを描くのもあなたのマインドの状態によるわけです。

彼が心のシャッターを下ろしているのは

「私のことを愛していないからだ」
「今までのように愛していないからだ」
「私、嫌われちゃう、どうしよう、不安だ」

そう思うのはあなたの意見であって、本当に彼がそのように感じているかどうかは別の話なのです。

彼の態度から感じるメッセージを、あなたがネガティヴに解釈しているから不安になるのです。

しかしその不安を彼に押し付けてしまえば、彼はどう思うでしょう?

彼は自分の気持ちを監視しながら、あなたの気持ちにも対応しなくてはならなくなります。

そう、もう手一杯になってしまうのです。

そんな彼はあなたにきっとこう伝えるでしょう。

「もう無理。俺には無理。」

ここでのポイントは

たとえ彼が心のシャッターを下ろしていたとしても

あなたは、彼を「私を愛する人」にするのか。

それとも「私を傷つける人」として扱うのか。

それはあなた自身で決められますよ、ということに尽きます。

もしあなたが彼を傷つける人だと思うなら、彼はあなたを愛する理由も、そばにいる理由はなくなるのです。

だから彼は心のシャッターを下ろしたまま、あなたを愛さない態度を続けるのです。

そして、あなたがもし「彼は私を傷つける人」としか解釈できないなら、

それはあなたのテーマなのです。

あなた自身の「過去の経験」や「心の傷」が作り上げている「想像力」の影響なのです。

もしかするとあなたは今、必要以上に大きな不安を感じてしまっている可能性だってあるんです。

もしあなたが彼を愛していて、

今は心のシャッターを下ろしている彼ですが、また今後いい関係になりたいと思われるならば

自分の気持ちと向き合う時間を作ることをオススメしたいんですね

あなたのその時間を、彼に少しあげるのです。彼も一人で冷静になりたくなっているでしょうし。

あなた自身も

「私はどうしてこんなに不安になっているのだろう?

どうして悪いイメージしかでてこないのだろう?

彼を愛する人と捉えたいのに、つい私を傷つける人だと思ってしまうのはなぜだろう?」

 

その理由を探ってみるといいのですよ。

わざわざ「私は愛されないんだよね・・・」とあなたが思いたがる理由です。

そこに気づけはあなたは自分を変えられるのです。

そして、あなたが彼のことを「私を愛する人」と感じ取れるなら、きっとこう考えることができますよ。

「どうしたら、二人の幸せをかなえられるだろう?」

 

「彼も幸せ、私も幸せ」

そう感じられる状況を導き出す意識、考える癖をつけることが大切なんですね。

もちろん不安が強いと難しいときもあるかもしれませんが、ココロは全て癖のもの。友人や頼れる人と相談しながらでもOK。ぜひこう考える習慣をつけてもらえればな、と思います。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

※本記事は2011/7/20に「アメブロ・恋愛テクニック」に寄稿した記事を再編集したものです。
ABOUT ME
浅野 寿和
カウンセリングサービス所属心理カウンセラー。名古屋を中心に東京・大阪・福岡で〜旅人のように〜カウンセリング・セミナーを開催。心理学は現実で使えてなんぼ、がポリシー。
カウンセリング・セミナーのご案内
カウンセリングを受ける

なりたい自分になるカウンセリングが人気!
心理カウンセラー浅野寿和のカウンセリングのご利用方法はこちら。

カウンセリングのご案内ご予約可能時間のご案内

 

ブログ上であなたの質問にお答え

ブログ読者の皆さんからのご質問に浅野がブログ上お答えする「ネタ募集コーナー」は現在も継続中。よろしければあなたの訊いてみたことを↓のページから送ってくださいね。

ネタ募集企画のお知らせカウンセリングサービス・心理カウンセラー浅野寿和です。 いつもご覧いただきましてありがとうございます。 さて唐突ですが、この度このブ...